松嶋菜々子がドキュメンタリーのナレーションに初挑戦! 被災した米農家の姿を追う

©株式会社東京ニュース通信社

TVhテレビ北海道で3月2日、北海道胆振東部地震で被災した厚真の米農家を追うドキュメンタリー「希望の滴(しずく)~再起にかけるコメ農家~」(午後12:00、北海道ローカル)が放送される。ドキュメンタリーのナレーションは初挑戦という松嶋菜々子が、被災地に寄り添うような柔らかな語り口を披露する。同番組は、テレビ東京(関東ローカル)でも同日深夜3:45から放送予定。

道内では初となる震度7を観測した北海道胆振東部地震。多くの被災者が出た厚真町で米農家を営む佐藤泰夫さん(63歳)は、家の両隣に土砂が押し寄せ、隣に住むいとこを亡くした。さらに、育てていた食用米は地震による土砂でほぼ全滅。唯一無事だったのは、酒米「彗星(すいせい)」だけだった。

佐藤さんにとって、この酒米から作られる酒は、復興に向けた“希望の滴”だ。同番組は、地震発生当初から酒米の刈取りから、酒が出来上がるまでを紹介。一時は絶望的とされていた今年の米作りに再起を懸ける佐藤さんの姿を丹念に追う。

昨年からドラマ撮影で北海道入りすることが多く、震災に心を痛めていたという松嶋。今回の依頼を快諾したという彼女のナレーションにも注目したい。