ソプラニスタ“岡本知高”が、CDデビュー15周年のアニバーサリー・イヤーに〈ボレロ〉をリニューアル。新作『BoléroⅣ~New Breath~|春なのに』3月20日発売決定

©ユニバーサル ミュージック合同会社

©Ayako Yamamoto

男性でありながら女性ソプラノの音域を持つ男性ソプラノ歌手"岡本知高"が、CDデビュー15周年のアニバーサリー・イヤーに、4年ぶり4度目となる〈ボレロ〉のリニューアル版を収録したアルバム『BoléroⅣ~New Breath~|春なのに』を2019年3月20日に発売することが決定した。

今作には、2006年から12年に亘り岡本知高が担当しているフジテレビ系フィギュアスケート中継テーマ曲〈ボレロ〉のリニューアル「BoléroⅣ~New Breath~」。そして、東日本大震災時に生まれた「春なのに」、合唱コンクールでも定番の「心の瞳」など計6曲を収録。さらに、新潟県の「十日町雪まつり」での猛吹雪での渾身のパフォーマンス「アメイジング・グレイス」の模様を収めたDVDが付いている。

幼少期に「ペルテス病」という難病にかかり、平日は家族と離れ養護施設で生活した岡本知高。週末の養護施設と自宅間の往復は、合唱サークルで出会ったという音楽好きな両親が片道3時間をかけて車で送迎。その車中で両親とともに歌った童謡、抒情歌、流行歌の数々が岡本知高の音楽の原点だという。ジャンルを超え、人々の心の機微に寄り添う名曲とともにライフワークの学校公演含めたコンサートで全国を訪れ、感動の輪を広げる岡本知高独自の世界観を再現したディスクとなっている。

また、3月20日(水)から4夜連続生中継される『世界フィギュアスケート選手権2019』のオープニングセレモニーで、「BoléroⅣ~New Breath~」を初披露。プロフィギュアスケーターの無良崇人が、岡本知高の華麗な生歌にのせて、あでやかに舞うという、夢の初コラボが実現する。

■リリース情報

岡本知高『BoléroⅣ~New Breath~|春なのに』
2019年3月20日発売
形態:CD+DVD
品番:UCCY-1095
価格:1,944 (税込)
2019年3月20日発売
通常配信・MfiT・ハイレゾ配信も同時発売

*各CDショップの予約は3月1日(金)24時より開始

CD
1.BoléroⅣ~New Breath~<フジテレビ系フィギュアスケート中継テーマ曲>
(作詞:Johann Wolfgang von Goethe/作曲: Maurice Ravel/編曲:横山克)
2.春なのに(作詞作曲:菅野祥子/編曲:清塚信也)
3.心の瞳(作詞:荒木とよひさ/作曲:三木たかし/編曲:飯田俊明、米田直之)
4.BoléroⅣ~New Breath~ TV version
5.BoléroⅣ~New Breath~ (Instrumental)
6.BoléroⅣ~New Breath~ TV version (Instrumental)

DVD
アメイジング・グレイス(LIVE映像)
収録:2018年2月『第69回 十日町雪まつり』より

パーソネル;
岡本知高
清塚信也(ピアノ)[2]

飯田俊明(ピアノ・シンセサイザー)[3]他

録音:2016年9月、2019年1~2月