イタリア第2代大統領の孫であり、史上最もストリーミングされているクラシック・コンポーザー・ピアニスト、ルドヴィコ・エイナウディがデッカと契約して新プロジェクトを発表

©ユニバーサル ミュージック合同会社

(c) Ray Tarantino

日本映画『三度目の殺人』やフランス映画『最強の二人』といった大ヒット作品の映画音楽やCM音楽を手掛け、世界で最も聴かれているクラシック・アーティスト、ルドヴィコ・エイナウディ。彼の音楽は、1日に100万回ストリーミング、累計で20億回ストリーミング再生されている史上最も聴かれているクラシック・アーティスト。2015年にリリースされたアルバム『エレメンツ』は、全英アルバムチャートで12位を記録し、クラシック音楽作曲家としては、20年ぶりに全英アルバムチャートTOP15にチャートインを果たした。また、祖父がイタリア第2代大統領ルイージ・エイナウディということでも有名。

そんなエイナウディは、創立90周年を迎えたイギリスのレーベル「デッカ・レコード」と新たなグローバル契約を結び、その第1弾プロジェクトとして、「セブン・デイズ・ウォーキング」をリリースすることを発表した。「セブン・デイズ・ウォーキング」は、7か月間に渡って毎月1タイトルずつアルバムがリリースされる壮大なプロジェクト。昨年1月にエイナウディ自身が冬山を歩き、そこで体験した様々な感覚からインスピレーションを得て作曲された作品たちで、「DAY 1」から「DAY 7」までに分かれており、それぞれが1日のヴァリエーションとなっており、ピアノとヴァイオリン、ヴィオラ、チェロが、美しく穏やかで瞑想的な音楽を奏でている。

第1作となる『セブン・デイズ・ウォーキング(DAY 1)』は2019年3月15日にリリースされる。それに先立ち、アルバム収録楽曲「Cold Wind Var I」が本日シングル・リリースされた。1か月後にはプロジェクト2作目のアルバム『DAY 2』がリリースされ、秋には『DAY 7』まですべて収めた完全版ボックス・セットがリリースされる予定だ。

アルバム発表とともにYouTubeには楽曲と雪山をさまようエイナウディを映した90秒の映像も公開となった。

■YouTube
Ludovico Einaudi - Seven Days Walking

■リリース情報

ルドヴィコ・エイナウディ『セブン・デイズ・ウォーキング(DAY 1)』
Ludovico Einaudi ”7 DAYS WALKING - DAY 1”
発売日:2019年3月15日

iTunes 
Apple Music 
Spotify 

【収録曲】
1. Low Mist Var 1 (Day 1) 
2. Low Mist (Day 1)
3. Gravity (Day 1)
4. Matches (Day 1)
5. Cold Wind Var 1 (Day 1)
6. Golden Butterflies (Day 1)
7. Fox Tracks (Day 1)
8. A Sense of Symmetry (Day 1)
9. The Path of the Fossils (Day 1)
10. Ascent (Day 1)
11. Low Mist Var 2 (Day 1)