「塚田農場」運営会社に課徴金

ブロイラーも「地鶏」表示

©一般社団法人共同通信社

 消費者庁は1日、チェーン展開する居酒屋「塚田農場」で、ブロイラーを使った料理があるにもかかわらず、全て地鶏を使用しているように表示したのは景品表示法違反(優良誤認)だとして、運営会社エー・ピーカンパニー(東京)に課徴金計981万円の納付を命じた。同庁は昨年5月に再発防止命令を出していた。

 消費者庁表示対策課によると、塚田農場ではメニューに「地鶏は野生の旨味」などと明記。全てのメニューで地鶏を使っているように思わせていたが、チキン南蛮やつくねにはブロイラーを使っており、それを理解させる特段の表示をしていなかった。