スバル XV 新車購入ガイド|車両価格から燃費、オプション装備まで一挙に紹介

©オートックワン株式会社

スバル XV(ガソリンモデル)

スバル XVの概要

スバル XV(ガソリンモデル)

スバル XVは2010年6月に、同社のハッチバックモデルである3代目インプレッサ(5ドア)の派生車種として誕生したモデルです。そのため、車名は「インプレッサXV」とされています。

その後2012年10月には、先代型である2代目XVが発売されました。4代目のインプレッサスポーツがベース車となっており、多くのユーザーから人気を集めました。

そして2017年5月に発売されたのが、現行モデルとなる3代目XVです。こちらもインプレッサスポーツがベース車となっていますが外観はSUV風に仕上げられています。

3代目XVは、スバルの共通デザインである“DYNAMIC×SOLID”を取り入れ、塊感のあるSUVデザインに流麗さを融合させることで、街中でも自然の中でも似合う「スポカジスタイル」を実現したクロスオーバーSUVです。

スバル XVの改良・特別仕様車 最新情報

スバル 新型XV e-BOXER ボディカラー:クールグレーカーキ

スバルは2018年10月、XVの改良モデルを発売しました。価格は約283万円(消費税込み)です。

改良内容としては、スバル独自の2リッター直噴NA水平対向エンジン+電動化技術「e-BOXER」を搭載したグレード「Advance」を追加。内外装にはAdvance専用の装備として、先進性や特別感のあるブルー内装や、ラグーンブルー・パールのボディカラーが新たに採用されました。

また一部のグレードを除き、後退時自動ブレーキシステムを標準装備とし、アイサイトセイフティプラス(視角拡張)にサイドビューモニター機能も追加されました。

スバル XVのスペック