春告げる梅ほころぶ 高崎・箕郷梅林の10万本

©株式会社上毛新聞社

 柔らかな日差しを浴び約10万本のウメが白い花をほころばせ、春の香りを漂わせる=写真。「みさと梅まつり」が1日、高崎市箕郷地区の箕郷梅林で始まり、地元生産者らがウメ加工品や地場産野菜を販売し、訪れる人を迎えている。

 梅林は榛名山麓にあり、標高140~390メートル。市箕郷支所によると、見頃は今月中旬になりそう。3日は梅ジュースやまんじゅうを無料配布する。問い合わせは支所(電話027-371-5111)へ。