なでしこジャパン、第2戦へ調整

高倉監督「しっかり守備」

©一般社団法人共同通信社

ブラジル戦に向け調整する籾木(手前左端)ら=ナッシュビル(共同)

 【ナッシュビル(米テネシー州)共同】サッカー女子の国際親善大会「シービリーブスカップ」で日本代表「なでしこジャパン」は2日(日本時間3日)、米テネシー州ナッシュビルでの第2戦でブラジルと対戦する。1日は試合会場で冒頭以外を非公開とし、初戦の米国戦で得点した籾木(日テレ)らが調整した。

 技術力がある相手に対し、高倉監督は「しっかりした守備を形成しながら自分たちの時間を長くつくりたい」と話した。右肩痛の市瀬(マイナビ仙台)と体調不良の三浦(日テレ)は練習に不参加だった。

 6月開幕の女子W杯フランス大会に向け強化を進める日本は、米との初戦を2―2で引き分けた。

ブラジル戦に向けた練習を見守る高倉監督(右)=ナッシュビル(共同)