ソフトバンクが「エンターテイメントビル」地鎮祭 王会長、後藤社長らが参加

©株式会社Creative2

新ビルの安全祈願祭に参加したソフトバンクの王貞治会長【写真:藤浦一都】

ヤフオクドーム敷地内に2020年完成予定

 ソフトバンクは2日、福岡県福岡市内のヤフオクドーム敷地内に建設する新ビルの安全祈願祭を行った。

 おごそかに行われた地鎮祭には、王貞治会長、後藤芳光社長兼オーナー代行をはじめとする福岡ソフトバンクホークス株式会社の幹部らが勢揃い。王会長は「苅初之儀」を行った。 

 ソフトバンクがヤフオクドームの敷地内東側に建設するのは「エンターテイメントビル(仮称)」。2020年に完成予定の同ビルには、ヤフオクドームにあった「王貞治ベースボールミュージアム」が移設されるほか、HKT48の常設ステージ、最先端技術を取り入れたエンターテイメントゾーン、飲食ブースなどが集結する予定だ。

 2月28日にはリニューアルしたヤフオクドームをお披露目したばかりだが、次なるエンタテイメント戦略に向けて、早くも動き出した。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)