LGBT支援で市民マラソン

東京・昭和記念公園

©一般社団法人共同通信社

「東京レインボーマラソン2019」に参加した大勢のランナー=2日午前、東京都立川市

 多様性ある社会への理解を深めようと、性的少数者(LGBT)を支援するチャリティーイベント「東京レインボーマラソン2019」が2日、国営昭和記念公園(東京都立川市、昭島市)で開かれた。実行委員会によると、市民マラソンとしては全国初の試み。

 ハーフや10キロのほか、親子で参加できるファミリーランなど5種目を実施。5キロ部門には元バレーボール選手で、同性愛者であることを公表した滝沢ななえさん(31)も参加した。ランナーたちは黄色やオレンジ、青色など性の多様性を表すレインボーカラーをイメージしたTシャツを着て、快晴の空の下を駆け抜けた。

「東京レインボーマラソン2019」でスタートする参加者=2日午前、東京都立川市
「東京レインボーマラソン2019」に参加した滝沢ななえさん=2日午前、東京都立川市