西武・内海VS広島・長野 元G戦士対決 第1打席は三ゴロで内海に軍配

©株式会社Creative2

広島とのオープン戦に先発登板した西武・内海哲也【写真:安藤かなみ】

ともに人的補償としてオフに新天地へ移籍

■西武 ‐ 広島(オープン戦・2日・佐賀)

 西武の内海哲也投手は2日、佐賀県立森林公園野球場で行われたオープン戦の広島戦に先発。注目の広島・長野久義外野手との元G戦士対決が2回に実現。初対決は三塁ゴロで内海に軍配が上がった

 オープン戦“開幕投手”となった内海は、初回を3者凡退とする上々の立ち上がり。0-0で迎えた2回は、先頭・鈴木誠也を右飛、メヒアを二ゴロに仕留めたところで、「6番・DH」長野を迎えた。球場に拍手が湧き上がる中での初対決。1ボール2ストライクと追い込むと、4球目119キロのスライダーでボテボテの三塁ゴロに打ち取った。

 ともに人的補償としてオフに新天地へ移籍。新しいユニホームを身にまとって臨んだオープン戦初戦で、火花を散らしている。(Full-Count編集部)