オナニーマシーン LIVE INTERVIEW SPECIAL&REPORT オナニー・グラフィティ♪レコ発ツアー2019 - BAKA IS NOT DEAD!! <世界に一つだけのバカ>

©有限会社ルーフトップ

ステージ上がっても恐怖しかなかった

――お疲れ様でした。

イノマー:疲れた。話せないよーーー。無理だって。帰りたい。

――レコ発のツアー、2日間やってみてどうでしたか? 大阪、そして東京と。

イノマー:アウアウアアアアアアア(※以後のイノマー発言は翻訳してお届けします)。

――……………………。

イノマー:あのさー、オイラ、9月に手術したばっかだよ。10時間10人体制の口腔底癌、大手術。難しい移植手術。半年も経ってないんだから。これ、マブで死んじゃうよ(笑)。弘子(実母)、心配してるんだから。

――でも、無事にやり遂げました。

イノマー:強引だよ。偶然。癌では死ななかったけど、レコ発で死ぬとこだった。

――今日の新宿LOFTもそうですけど、大阪でのライブは久しぶりだったと聞きますが。

イノマー:まず最初に、名古屋に行けなかったことはゴメンなさいです。ちと、ドクター・ストップがかかっちゃって。最近、担当のMセンセーがオナサーチしてて(笑)。

――バレちゃったと?

イノマー:嘘がつけなくなっちゃった。もう閻魔様に抜かれる舌はないから。次はマブでチンポ抜かれちゃう。ザーメンをヌかれるのはいいけど。名古屋には体調が万全になったら。で、大阪の話だよね。15年ぶりくらい?

――大阪はどうでした?

イノマー:オープニングアクトにオイラの舎弟(THE NUGGETS)が出てくれたから落ち着いて出来た。あとは共演のガガガSPに頼っちゃったかな? 前ちゃんとかスゲー心配してくれて。ライブ前に「辛いようだったら長めにやりますから」って言ってくれて。ガガガSPのライブをね。ありがたいよ。

――手術後初のライブでしたもんね?

イノマー:そうなのよ。ベース持って立つだけでふらふら。30分が限界かな、って。

――それが1時間以上やりましたもんね!

イノマー:覚えてない。気づいたら。でも、こんなに本番ギリギリまでノープランで不安なライブは過去に無かったと思う。ぶっちゃけ、ステージ上がってもイメージは出来てなかったんだけど。恐怖しかなかった。

――凄く良いライブでしたよ。

イノマー:いや、そんなことはない。完全にお客さんに助けられた。あったかいよ。ありがたい。あと、THE NUGGETSとガガガSPに感謝。スタッフさんとね。そんだけ。最後はやっぱり自分のチンポなんだって再認識した。

癌のおかげで唯一無二のバンドになれた

――だけど、大阪をやり終えて、これはいける! っていう手応えが生まれたんでは?

イノマー:ないね。まずいな、って。これ、新宿LOFTはどうしたらいいんだろう? って。オチが見つからないんだよね。いや、オチはあるんだけどフリがないんだ。舌がないから。

――難しい話ですね。

イノマー:説明すると長くなる。だからもう帰っていい? 目まいがするのよ。頭痛い。

――もう少しだけ。今日のLOFTです。素晴らしかったです! 感動しました。

イノマー:ほ~ら、そういうこと言う(笑)。そんなことないんだって。あれはダメだよ。歌えてないんだもん。ヤんなっちゃったよ。

――歌えてましたよ。わかりましたもん。

イノマー:でしょ? そのレベルなんだよ。『わかりました』って。そりじゃあ、バンドとお客さんが対等じゃないじゃん。完全にオイラのハンディキャップが穴埋めしてる。しょうがないよね、舌がないんだから(笑)。

――全然、気になりませんでしたけどね。そういうのを越えてきましたけど。オナマシの存在感というか音が。伝わってきました。

イノマー:う~~~ん。もう伝えたいことなんてないからね。おこがましいよ(笑)。五体満足なまともな人間じゃないんだからさー。

――……………………。

イノマー:ライブ中のMCでも言ったんだけど、やっぱりムチャクチャなバンドだな、って。だってさー、バンドのボーカルが舌ないんだもん(笑)。アハハハハ、そんなバンドいないよ。普通、あきらめてヤメるもん。

――でも、イノマーさんはあきらめないし、やめない。その辺の原動力っていうのは?

イノマー:バカだから。生い先短いし。

――(笑)そんなことないですよ。

イノマー:でもね、ようやく世界で一つのバンドになれた。20年かかった。20年かけてオナマシを続けた結果、神様が“口腔底癌”っていうプレゼントをくれた。おかげで舌をちょん切って、唯一無二のバンドになれた。

――そう考えられるのって凄いです。

イノマー:カン違いしてる、誤解してる(笑)。だから、そういうんじゃないから。

――大阪の楽屋で「ナンバー1より、オンリー1」って言ってましたよね?

イノマー:言ってないよ、歌ってただけ。世界に一つだけのバ~~カ♪(笑)。楽屋ね、今回はおもろいね。今日のLOFTとかさ、ハルさんとミネタくんと話してて。『今日はオナマシの新しいはじまりだね?』みたいなことをずっと言ってくれてた。オイラ、そんなこと1ミリも考えてなかったのに(笑)。

――嬉しいじゃないですか!

イノマー:うん。考えてくれてるんだ、って。オノチンに聞かせてやりたいと思った。

――オノチンさん、出番1分前に到着(笑)。

イノマー:癌うつしてやろうかと思ったよ。

――オノチンさん、ライブのテンションが高くなってますね?(笑) イノマーさんのこと気づかってるんじゃないですか?

イノマー:ま、あいつなりにね。オイラはこれ以上でも、これ以下でもないってところでやってるから。それを見せるだけなんで。アウアウアアで歌えない、舌のない無様な自分。でも、しょうがないよ。これが今のオイラなんだもん。うん、癌のおかげで誰にも真似できないバンドになれたかな? 癌謝。

『オナニー・グラフィティ♪レコ発ツアー2019~BAKA IS NOT DEAD!!~』

《Supported by TENGA》

■2月10日(日)大阪十三FANDANGO

<オープニングアクト>THE NUGGETS

<ゲスト>ガガガSP

▲サムネイルをクリックすると拡大します▲

■2月15日(金)新宿LOFT

<ゲスト>3人ピーズ(大木温之、みったん、茂木ちゃん)、峯田和伸(銀杏BOYZ)

▲サムネイルをクリックすると拡大します▲