sumikaのボーカリスト・片岡健太が「めざまし」情報プレゼンターに初挑戦!

©株式会社東京ニュース通信社

フジテレビ系朝の情報番組「めざましテレビ」(月~金曜午前4:55)で、3月から4人組バンド・sumikaのボーカリスト・片岡健太がテレビ・エンタメコーナーのプレゼンターを務めることに決まった。

昨年6月からスタートした「めざましテレビ」のマンスリーエンタメプレゼンターは、俳優・アイドル・芸人など、日本のエンターテインメント界で活躍している人をキャスティング。6時台のエンタメコーナーをはじめ、「イマドキ」「めざましじゃんけん」、生原稿読みなど、軽部真一アナウンサーの隣で一緒に情報を伝え、時には掛け合いながらコーナーを展開していく。これまで白濱亜嵐、戸次重幸、尾崎世界観、歌広場淳、高橋優、小関裕太、宮野真守、霜降り明星、ガリットチュウらが務めてきた。片岡は3月4日に初出演する。

今回のオファーに片岡は「朝目覚めたら『決まりました!』というメールが届いていて『さては夢だな』と思って二度寝しました。夢ではなくて、本当にうれしいです」と喜び、「そうそうたる方々からつながれてきた大切なバトンなので、しっかりと握って、春に向けて走っていきたいと思います。1カ月よろしくお願いします!」と気合十分だ。番組については「今日1日の活力と、朝まで仕事を頑張った日には眠る前の安らぎをくれる存在です。僕も軽部さんと同じ天秤座なので、占いコーナーで悪い運勢だった日も『大丈夫、軽部さんも一緒』と思って1日乗り切っています」と話している。