15km通過!日本記録を1分以上上回るハイペースがつづく!【東京マラソン2019】

©株式会社ookami

陸上 試合サマリー

今年も東京マラソンの季節がやってきた!男子のMGC指定レース、そして2019世界陸上の代表選考会を兼ねている東京マラソンが3月3日に行われている。

5km

スタート直後からハイペースでレースが進む。最初の1kmが2分48秒と、設定ペースより10秒近く早いラップタイム。ペースメーカーに外国人選手がつく中、日本人選手は大迫傑、佐藤悠基、中村匠吾ら数人が先頭集団でレースを進める。下り坂もあり、日本新記録を上回るラップタイムを刻んでいく。

10km

先頭集団は10名ほどに絞られている。以前日本新記録ペースでレースが進む中で、日本人選手は大迫傑、佐藤悠基、中村匠吾の3人に絞られる。先頭集団はこのままいけば2時間3分台も狙える好ペースの中、アジア記録保持者のエルハサン・エルアバシが脱落するなどサバイバルレースの様相を呈している。

15km

依然日本記録を更新するハイペースでレースが進む。1分以上上回っている。中村、大迫、佐藤の3人はしっかりと先頭についている。給水所では佐藤悠基が給水をとりそこねるものの、佐久長聖の後輩でもある大迫傑が自身のボトルを手渡すシーンも見られた。

1 D・チュンバ 43:56

2 B・レゲセ 43:56

3 中村匠吾 43:57

4 N・キゲン 43:57

5 佐藤悠基 43:57

6 S・トゥラ 43:57

7 S・カリウキ 43:58

8 B・カロキ 43:58

9 大迫傑 43:58

10 E・エルアバシ 44:01

東京マラソン2019の速報は詳細をご覧ください。

詳細を確認する