酒気帯び疑いで米軍曹逮捕、沖縄

容疑を否認

©一般社団法人共同通信社

 沖縄県警宜野湾署は3日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属の海兵隊3等軍曹エリック・フルトン容疑者(24)を現行犯逮捕した。「酒は入っていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は3日午前0時25分ごろ、宜野湾市伊佐1丁目の市道で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。

 署によると、「Yナンバーの単独事故がある」と目撃者から110番があり、縁石に接触して停車した容疑者に署員が職務質問。呼気から基準値の約4.5倍のアルコールが検出された。