統計不正、野党は喚問検討を

与党「官邸の関与はない」

©一般社団法人共同通信社

 与野党幹部は3日のNHK番組で、厚生労働省の毎月勤労統計不正の調査などを巡り論戦を交わした。立憲民主党の福山哲郎幹事長は、参院予算委員会などで厚労省の統計責任者だった姉崎猛・元統計情報部長と中江元哉・元首相秘書官の証人喚問の検討が必要だとの認識を示した。自民党の岡田直樹参院幹事長代行は「官邸の関与は、全く根拠のない推測にすぎない」と述べた。

 福山氏は姉崎、中江両氏の国会答弁について「官邸の介入という疑惑に対し、曖昧な答弁を繰り返すようならば、証人喚問を含めて考えなければならない」と語った。