売り出し中のヤクルト塩見が2点先制打 実戦9試合連続安打をマークしアピール

©株式会社Creative2

ヤクルト・塩見泰隆【写真:荒川祐史】

本塁打を放った前夜の「9番」から「5番」に ポイントゲッターぶり発揮

■巨人 – ヤクルト(オープン戦・3日・東京ドーム)

 ヤクルトの2年目・塩見泰隆外野手が3日の巨人とのオープン戦(東京ドーム)で「5番・中堅」で先発出場。前日の9番から5番に“昇格”し、期待に応えるように、初回1死満塁から2点タイムリーを放った。

 初回、ヤクルトは巨人先発のメルセデスから坂口、山田、雄平のヒットで1死満塁。塩見は先輩たちが作ってくれたチャンスを逃さずセンター返しで2人の走者を迎え入れた。前夜は巨人・野上から反対方向へのオープン戦1号を放つなどアピール。これでキャンプ中から始まった実戦で9試合連続安打となった。(Full-Count編集部)