初一人暮らし!部屋選びのポイントは?

春から大学生になる人へ

©TOYO Press

部屋選びに迷っているみなさんへ

 春から大学生活が始まり、引っ越しをしようと思っている新大学生のみなさん。どんな部屋に住もうか、とても迷いますよね。間取りや場所、人それぞれたくさん悩むでしょう。今回は、そんな部屋選びで悩んでいるみなさんへ向けて、ポイントを紹介したいと思います。

立地や間取りは

 まず、場所について。私は家から学校まで、徒歩と電車を含めて30分程度かかります。近すぎず遠すぎず、とてもちょうどいい距離です。(距離についてのデメリットは後ほど説明します。)一方で、コンビニやスーパーまでの距離が徒歩15分ほどのところにあり、必要なものや欲しいものを買いに行くときには不便を感じることも。したがって、徒歩5分程度のところにスーパー、またはコンビニがある場所がおすすめです。

 次に、間取りなどについて。私は6畳の1ルームの部屋に住んでいますが、収納がないため、部屋が物で溢れてしまうことがあります。そのため、みなさんには収納がしっかりある部屋をおすすめします。また、ベランダやバルコニーがあるとさらにいいと思います。晴れた日には洗濯物を干せますし、夜に黄昏たり、気分転換もできます(笑)

部屋選びにおける注意点

 注意点もあります。場所が学校から近すぎると、サークルなどの友達のたまり場になりがちです。「一人でゆっくりしたい」などとという時に、たまり場になってしまうと嫌な気持ちになりますし、注意が必要です。

また、大通りや線路付近の部屋だと、騒音の問題もあるでしょう。都心だと、電車の本数もかなり多いですので注意してください。

そして、虫が苦手な方は、1階は避けましょう。特に寒い地方出身の人があまり見ないであろうゴキブリ。1階は大量発生しがちです。2階以上を強くおすすめします。私は2階に住んでいますが、まだ1匹もゴキブリが出たことはありません。

理想の大学生活を送るために

 いかがでしたでしょうか。部屋選びで大学生活が変わるといっても過言ではありません。「授業開始ギリギリまで寝ていたい」という方は、学校から近い部屋を。「静かなところで生活したい」という方には、大通りや線路を避けて、住宅街にある部屋を。「音楽が好きだから、楽器を楽しみたい」という方は、防音性のある部屋を。

 みなさんがそれぞれ送りたい理想の大学生活に合った部屋を選ぶようにしてくださいね!