ファジ、ホームで金沢に2―1 仲間とイ・ヨンジェが決める

©株式会社山陽新聞社

 明治安田J2第2節最終日(3日・シティライトスタジアムほか=6試合)ファジアーノ岡山はホームで金沢を2―1で破り、今季2戦目で初白星。水戸は栃木に3―0で快勝し、開幕2連勝を飾った。新潟は千葉、愛媛は東京Vに勝ち、ともに勝ち点4。横浜FCの52歳、三浦は0―2で敗れた山形戦で今季初めてベンチ入りしたが、出番はなかった。

岡山2―1金沢

前半1―0

後半1―1

岡山1勝1敗(3)

金沢1分け1敗(1)

 【評】ファジアーノ岡山は今季初勝利。前半24分、クリアミスを拾った仲間がゴール右隅に先制弾を決め勢いづくと、後半38分には斉藤のクロスにイ・ヨンジェが合わせた。終了間際に失点したが、下口らを中心に我慢強い守備で逃げ切った。金沢の前線からの激しい圧力に屈せず、長短を織り交ぜたパスや積極的なドリブル突破が勝ち点3を呼び込んだ。

 金沢は大型FWにボールを集めるも決定機をつくれなかった。

今季初勝利を挙げ、サポーターと喜びを分かち合うファジアーノ岡山イレブン=シティライトスタジアム
前半24分、岡山の仲間がシュートを決め先制する
後半、追加点を決め喜ぶ岡山のイ・ヨンジェ