SixTONESらが「少年たち」のロケ地でトークショー。1年ぶりの凱旋に「光栄でございます!」

©株式会社東京ニュース通信社

3月29日から公開される「映画 少年たち」のプレミアムトークショーが2月24日、ロケ地である奈良市の旧奈良監獄で行われ、SixTONESのジェシー、京本大我、髙地優吾、松村北斗、森本慎太郎、田中樹、関西から西畑大吾(なにわ男子)、室龍太、小島健(Aぇ!group)、本木克英監督が登壇した。

旧奈良監獄は明治期に建設された五大監獄の一つで、2017年に重要文化財に指定された歴史的建造物。今後は日本初の“監獄ホテル”として活用される予定で、現在、開業に向けて改装が進んでいる。

撮影が行われたのは昨年2月。1年ぶりの凱旋に、ジェシーは「光栄でございますね! もう1年も経つのかと。懐かしいなと思いながら、先ほど建物の中を回ってみたんですけど、1年前よりちょっと明るい感じになっていて、これからまたホテルになっていくんだなと思うと、うれしい気持ちですね」としみじみ。西畑は「1年ぶりですが、1年後もめちゃくちゃ寒いなと思いました(笑)」と、寒さに悩まされた真冬の撮影を振り返って笑わせた。

本作の冒頭には、ワンカメラ、ワンカットの長回し撮影による8分間のダンスシーンがあり、通路や階段など館内をくまなく使い、東西ジャニーズJr.のメンバーが圧巻のパフォーマンスを見せる。本番に向けたダンスのリハーサルは主に東京で行われていたそうで、髙地は「ここの様子が想像できないので、振付師さんが現地で撮ってきてくれた映像で動線を確認しながらイメージトレーニングをするっていう新しい形のリハーサルでした」と裏話を明かした。

そのほか、劇中にふんだんに盛り込まれるダンスシーンについても、セットではない本物の建物を使う苦労があったようで、京本は「部屋を出入りしながら撮るシーンもあったんですけど、一旦ドアが閉まるともう開かないんですよ。だから閉まる前のところで微妙に止めておくとか工夫が必要で、そこは苦戦しましたね」と話していた。

旧奈良監獄での映画撮影は本作が初で、半世紀にわたって上演されてきた舞台「少年たち」の企画・構成・総合演出を手がけたジャニー喜多川氏の「ここなら本物の『少年たち』が撮れる」という思いをきっかけに実現。ようやく完成した映画の感想が気になるところだが、ジェシーは「ご覧になったとは聞いたんですけど、感想を聞いたのはKing & Princeの神宮寺(勇太)とかから」、髙地も「神宮寺や永瀬(廉)から、『あの映画よかったよ、って社長が言ってましたよ』と人づてに聞くっていう(笑)」と、直接聞かされた出演メンバーはまだいないとか。これにジェシーが「今、ここで電話して聞きましょうか?」と大胆な提案をし、笑いを誘っていた。