あの日、被災地では何が起きたのか? 森崎博之らが北海道胆振東部地震を振り返る

©株式会社東京ニュース通信社

HBC北海道放送では3月6日、「今日ドキッ!スペシャル 震度7から半年~暗闇から見えた光~」(午後7:00、北海道ローカル)を生放送する。「今日ドキッ!」(月~金曜午後3:44、北海道ローカル)メンバーのグッチー、HBCの堀啓知アナウンサー、金城茉里奈アナウンサーのほか、TEAM NACSの森崎博之が出演。北海道胆振東部地震から半年のこの日、膨大な未公開映像などをもとに「あの日、被災地では一体何が起きていたのか?」について迫る。

2018年9月6日午前3時7分、マグニチュード6.7の地震が北海道胆振地方中東部を震源に発生。道内で観測史上初となる最大震度7の揺れは、各地に大きな被害をもたらした。HBCは、この未曾有の地震を記憶と記録に残すべく、「今日ドキッ!」の特別番組を企画した。

あの日、被災地では一体何が起きていたのか? 深い悲しみや過酷な状況の中、手と手を取り合い、前向きに歩み出した人々の思いとは? 同番組では、膨大な未公開映像とともに振り返り、さまざまな立場で震災と闘った人々の姿をドキュメントとして紹介。また、復興への歩みや未来への取り組み、街の人の声などを通して、今後につながる教訓を考える。