自転車の小林、太田準決勝逃す

世界選手権女子ケイリン

©一般社団法人共同通信社

女子ケイリンで準々決勝敗退となった小林優香(中央)=プルシュクフ(共同)

 【プルシュクフ(ポーランド)共同】自転車トラック種目の世界選手権最終日は3日、ポーランドのプルシュクフで行われ、女子ケイリンで小林優香と太田りゆ(ともに日本競輪選手会)は準々決勝で各組4位までに入れず、準決勝進出を逃した。

 1月のアジア選手権(インドネシア)を制した小林は各組2位までが準々決勝に進める1回戦で3組2位、各組6人で争った準々決勝は2組5位。太田は1回戦5組2位で、準々決勝は3組6位に終わった。