ペイペイ、送金サービス本格導入

利用者獲得へサービス向上

©一般社団法人共同通信社

スマートフォン決済サービス「ペイペイ」の支払い画面(同社提供)

 ソフトバンクとヤフー傘下のスマートフォン決済サービス「ペイペイ」(東京)が、送金サービスを本格的に導入する方針を固めたことが4日、分かった。サービス内でやりとりした残高を現金化できるようにする。多数での割り勘など日常の送金に使え、利便性が高まる。先行したLINEも既にスマホ決済での送金に対応しており、ペイペイも追いかける。サービスの質を向上させ、利用者拡大につなげる狙い。

 スマホ決済を巡っては、みずほフィナンシャルグループとフリーマーケットアプリ運営のメルカリが2月に参入を発表。ITや通信、金融など業界を超えて競争が激化している。

ペイペイの送金イメージ