【F1プレシーズンテスト総合リザルト】フェラーリとメルセデスがそれぞれ強みを発揮。レッドブル・ホンダは真の実力を見せずに開幕戦へ

©株式会社サンズ

 2019年F1プレシーズンテスト8日間が終了、最終日にフェラーリのセバスチャン・ベッテルが8日間総合でのトップタイムを記録した。一方、合計周回数で首位に立ったのはメルセデスのルイス・ハミルトンだった。

 スペイン・バルセロナでの2回のテストは好天に恵まれ、各ドライバーはドライコンディションで周回を重ねることができた。20人のレースドライバーは、第2回テスト3日目と4日目にそれぞれのベストタイムをマーク。トラブルで走行の機会を失ったレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン以外は、最もソフトなC5でタイムを出している。

 テスト中、ほとんどの時間をロングランに費やしてきたメルセデスが、初日から速さを発揮してきたフェラーリに迫るタイムを記録。トップ4はその2チームのドライバーたちが占めた。5番手はルノーのニコ・ヒュルケンベルグ、6番手と7番手にはトロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンとダニール・クビアトが続いた。

2019年F1バルセロナテスト2回目 セバスチャン・ベッテル

 レッドブル・ホンダはガスリーが11番手、フェルスタッペンは17番手。しかしフェルスタッペンに関しては他のドライバーたちとは異なり、テスト終盤にC5でのプッシュラップを走っておらず、自己ベストをC3タイヤで記録しているため、本来ならもっと上位に来ていたものと考えられる。

■2019年F1プレシーズンテスト:各ドライバーのベストタイム

Pos Driver Team Time(tyre) Test Day

1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’16.221(C5) 4

2 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’16.224(C5) 4

3 シャルル・ルクレール フェラーリ 1’16.231(C5) 3

4 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’16.561(C5) 4

5 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’16.843(C5) 4

6 アレクサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダ 1’16.882(C5) 3

7 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1’16.898(C5) 4

8 カルロス・サインツJr. マクラーレン 1’16.913(C5) 4

9 ロマン・グロージャン ハース 1’17.076(C5) 4

10 ランド・ノリス マクラーレン 1’17.084(C5) 3

11 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 1’17.091(C5) 3

12 ダニエル・リカルド ルノー 1’17.114(C5) 4

13 キミ・ライコネン アルファロメオ 1’17.239(C5) 4

14 ランス・ストロール レーシングポイント 1’17.556(C5) 3

15 ケビン・マグヌッセン ハース 1’17.565(C5) 4

16 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1’17.639(C5) 3

17 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1’17.709(C3) 4

18 セルジオ・ペレス レーシングポイント 1’17.791(C5) 4

19 ジョージ・ラッセル ウイリアムズ 1’18.130(C5) 3

20 ロバート・クビサ ウイリアムズ 1’18.993(C5) 4

 一方で、合計周回数ではメルセデスがフェラーリに勝っている。ハミルトンは最多の638周を走行、2番手にチームメイトのバルテリ・ボッタスが続いた。フェラーリは後半、トラブルが連発し、周回数ではメルセデスに200周近く差をつけられた。

2019年F1バルセロナテスト2回目 ルイス・ハミルトン メルセデスW10

 チーム別での3番手はルノー、4番手にトロロッソ・ホンダが続いた。レッドブル・ホンダは第2回テスト3日目午後のガスリーのクラッシュと4日目のギヤボックストラブルにより、終盤周回数を伸ばすことができなかった。

■2019年F1プレシーズンテスト:ドライバー別周回数

Pos Driver Team Laps

1 ルイス・ハミルトン メルセデス 638

2 バルテリ・ボッタス メルセデス 552

3 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 534

4 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 509

5 キミ・ライコネン アルファロメオ 497

6 アレクサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダ 489

7 カルロス・サインツJr. マクラーレン 473

8 シャルル・ルクレール フェラーリ 463

9 ダニエル・リカルド ルノー 452

10 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 446

11 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 439

12 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 425

13 ロマン・グロージャン ハース 407

14 ケビン・マグヌッセン ハース 403

15 ランド・ノリス マクラーレン 400

16 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 394

17 ランス・ストロール レーシングポイント 336

18 ジョージ・ラッセル ウイリアムズ 299

19 セルジオ・ペレス レーシングポイント 289

20 ロバート・クビサ ウイリアムズ 268

21 ピエトロ・フィッティパルディ ハース 61

■2019年F1プレシーズンテスト:チーム別周回数

Pos Team Laps

1 メルセデス 1190

2 フェラーリ 997

3 ルノー 961

4 トロロッソ・ホンダ 935

5 アルファロメオ 922

6 マクラーレン 873

7 ハース 871

8 レッドブル・ホンダ 833

9 レーシングポイント 625

10 ウイリアムズ 567

 パワーユニット別では、フェラーリが最多周回数を走った。メルセデスはウイリアムズのテスト開始が遅れたこともあり、2番手に終わっている。フェラーリとメルセデスは3チーム合計であり、2チーム合計のルノーとホンダは、当然のことながら3番手、4番手の位置を占めることになった。

■2019年F1プレシーズンテスト:パワーユニット別周回数

Pos Engine Laps

1 フェラーリ 2790

2 メルセデス 2382

3 ルノー 1834

4 ホンダ 1768