横浜流星が「はじこい」WEB特別企画「エンドーカメラ」に初登場!

©株式会社東京ニュース通信社

TBS系連続ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(火曜午後10:00)のWEB特別企画「エンドーカメラ」に由利匡平役の横浜流星が満を持して登場し、“マイヤン”ことマイルドヤンキーメンバー5人がそろった限定動画が配信される。

ドラマは持田あき氏による同名漫画を原作に、人生をしくじり続けている超鈍感なアラサー女子で予備校講師の春見順子(深田恭子)が、クールかつエリート商社マンのいとこ・八雲雅志(永山絢斗)、東大合格を目指す高校生・匡平(横浜流星)、順子の元同級生で匡平の担任の高校教師・山下一真(中村倫也)というタイプの異なるイケメン3人から一挙にアプローチされるストーリー。

WEB特別企画「エンドーカメラ」は、匡平の同級生・エンドー役の永田崇人、ナラ役の堀家一希、カブ役の櫻井圭佑、木佐役の若林拓也4人による動画で、永田自らがカメラを持って控室や撮影の舞台裏の様子を明かす内容。初登場した匡平役の横浜は「俺もマイヤンの一員だ!」とアピールし、「マイヤン4人に嫉妬した」という発言も飛び出す。

視聴者からは「マイヤンは5人組!」「ゆりゆり出てくると信じてる!」など横浜の登場を待ち望む声が多数挙がっており、ドラマ本編と共にWEBでしか見ることのできない限定動画も話題になりそうだ。WEBでは「エンドーカメラ」のほかに、360度撮影できる特殊カメラでマイヤンの4人を撮影した「マイヤン360°トーク!!」も公開されている。