「ポルノグラファー」竹財輝之助&吉田宗洋が絡みシーンでランナーズハイ!?

©株式会社東京ニュース通信社

動画配信サービス・FODの連続ドラマ「ポルノグラファー~インディゴの気分~」(木曜深夜0:00)のトークイベントに主演の竹財輝之助、共演の吉田宗洋、猪塚健太が参加した。

同作は漫画雑誌「on BLUE」に2016年8月から連載されていた同名作を原作としたドラマで、ドラマ「ポルノグラファー」の過去編であり続編となる。「ポルノグラファー」の主人公・ポルノ小説家の木島理生と大学生の久住春彦を中心としたラブストーリーではなく、木島と木島の編集担当・城戸士郎の2人の過去を描いた内容になる。前作は木島と久住の純愛を描いた作品だったが、本作ではラブストーリーに加え、城戸の木島に対する憧れと嫉妬が混在するさまや、木島の苦悩から欲情など本能に近い感情が描写される。

主人公・木島役の竹財は「見てくださった方のおかげで、気難しい大人たちを動かしたのはファンの方たちなので本当にありがたい。本番に入るまで、ぼくはこんなに逃げたいと思った現場はなかった。本当に緊張していて、最後まで走り切った」と熱演を報告。また、竹財は城戸役の吉田について「城戸との絡みのところで城戸ではなく吉田本人がテンション高く出てきた。冬の寒い日に2人ともヌーディーな感じで撮影していたのですが、カットがかかっても防寒着を着ない」と明かすと、その吉田は「何だったんですかね。ランナーズハイだったんですかね」とさらに振り返った。

そして、久住役の猪塚は「撮影日が1日しかなかったんですが、現場で不思議だったことは、私は春彦と呼ばれているのですが、なぜか城戸さんは“デカ長”と謎の呼び方をされていた」と舞台裏を明かすと、吉田は「カメラマンの方からひげ面でコートを着ているから刑事にしか見えないと言われていた」と明かした。