レッドブル首脳「目標は5勝以上を挙げてフェルスタッペンでタイトルを獲ること」。マクラーレンは2019年も最後尾との予想も

©株式会社サンズ

 レッドブルのモータースポーツコンサルタントを務めるヘルムート・マルコが、2019年のプレシーズンテストを終えた後、レッドブルRB15・ホンダに満足しており、今シーズンはタイトルをかけて戦える状態にあると語った。

 8日間のテスト中、最後の2日はピエール・ガスリーのクラッシュとギヤボックストラブルで走行時間を大きく失った。その結果、ベストタイムでは20人中、ガスリーは11位、マックス・フェルスタッペンは17位となり、チーム別周回数でレッドブルは10チーム中、8位だった。

2019年第2回F1テスト3日目 ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)

 しかしマルコはテストの内容に非常に満足しており、プランを順調にこなすことができたと語っている。

「パワーユニット規則が導入されて以降、一番うまくいったテストだった」とマルコが語ったとSpeedWeekが伝えた。

「ピエール・ガスリーが2回クラッシュしたが、それでも非常に多くの距離を走った。ホンダが高い信頼性を発揮してくれたおかげでたくさんの周回を重ねることができ、開幕戦に向けてセットアップの作業を進めることもできた」

「(第2回テストの)週の終盤には新しいパーツを持ち込んだ。それはメルボルン仕様だ。2チームで予定どおりテストをすることができた。エンジンだけでなくシャシー側の信頼性も高かった」

■「フェラーリと戦ってチャンピオンになることが2019年の目標」とマルコ

 プレシーズンテスト期間の大部分をメルセデスはロングランテストに費やしてきたが、最終日にパフォーマンスランを行い、ルイス・ハミルトンがフェラーリのセバスチャン・ベッテルによる最速タイムからわずか0.003秒差のタイムをマークしてみせた。しかし、マルコはフェラーリに続く2番手の位置にいるのはレッドブルであると主張する。また、カルロス・サインツJr.が20人中8番手タイムを記録したにもかかわらず、マクラーレンは2019年も最後尾から抜け出せないと、マルコは予想している。

 プレシーズンテストが終了した段階で、チームの序列をどう考えているかという問いに対し、マルコは次のように語った。

「フェラーリがトップで、その次に我々が来る。それからメルセデスだ。その後ろに中団グループとなるが、ここの戦いは非常に熾烈になるだろう。最後尾はマクラーレンとウイリアムズだ」

 自身のなかで2019年の目標は何かと聞かれたマルコは、「実力で優勝する必要がある。私は、最低5勝は挙げられると考えている」と語った。

 さらに、2019年は誰がチャンピオンになると思うかという問いに対しては「もちろん、マックス・フェルスタッペンだ!」とマルコは答えた。