将棋、師弟のアベック昇級なるか

藤井七段と杉本八段

©一般社団法人共同通信社

杉本昌隆八段、藤井聡太七段

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)と師匠の杉本昌隆八段(50)が、そろって昇級を目指す第77期名人戦順位戦C級1組の最終局は5日、東京都と大阪市の将棋会館で始まった。師弟で同時昇格すれば、32年ぶりの快挙となる。

 藤井七段は都成竜馬五段(29)、杉本八段は千葉幸生七段(40)とそれぞれ対戦。昇級者争いは対戦成績8勝1敗で、師弟と近藤誠也五段(22)、船江恒平六段(31)の4人がトップで並ぶ混戦に。

 B級2組への枠は2人で、杉本八段は勝てば昇級が決定。藤井七段は勝っても前期の成績により、杉本八段、近藤五段、船江六段のうち2人が勝つと昇級できない。