JR初、境線の列車にIC改札機

無人駅多く利便性の向上

©一般社団法人共同通信社

境線を走る列車に設置されたIC改札機とICカード乗車券=5日午前、鳥取県米子市

 JR西日本米子支社は境線(鳥取県の米子―境港間)を走る列車にIC改札機を設置し、通勤客や学生を対象にICカード乗車券を使った体験乗車を5日実施した。同線にはICカードが使えない無人駅が多く、利便性の向上が期待される。16日から利用可能で、JRグループの列車での運用は初めて。

 体験乗車は米子駅から河崎口駅まで。無人駅に到着すると、参加者はICOCAを黄色い降車用IC改札機にタッチし、次々と列車を降りた。

 大学3年の娘が通学に境線を利用する鳥取県米子市職員石上均さん(59)は「娘は無人駅で定期券を使っているが、この改札機で通学が楽になりそう」と話した。