【セリエA】ザッケローニ氏がミランとインテルの躍進を評価「チャンピオンズリーグも狙える」

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

インテルやACミラン、そして日本代表を率いた経験を持つアルベルト・ザッケローニUAE代表監督が古巣の躍進について言及。UEFAチャンピオンズリーグ出場も可能だと語った。

【セリエA】マルディーニ氏がピオンテクとシェフチェンコを比較「シェバは特別だったけど彼もいいね」

1998年から2001年までミランを、2003年から約半年間インテルを指揮していたザッケローニ氏。リーグ戦9試合負けなしの3位ミランや、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディと確執があるものの4位を維持しているインテルについて、イタリアメディア『ガゼッタデッロスポルト』の取材で話した。

【セリエA】イカルディがまたもベンチ外…インテル退団は既定路線か

「もしASローマがミラノ・ダービーの前にトップ4にいたら、彼らが4位フィニッシュとなるのは難しいかもしれない。ラツィオも調子を上げてきているしね。それでも、インテルとミランは一緒にチャンピオンズリーグ出場権を獲得できるぐらい力をつけてきた。世間ではまだベストなチームと思われていないかもしれないが、チャンピオンズリーグに出場できるクオリティを持っている」。

古巣の躍進を賞賛するザッケローニ氏