虹色光るラグビーW杯記念硬貨

打ち初め式、大阪の造幣局

©一般社団法人共同通信社

ラグビーW杯日本大会を記念した1万円金貨(右2枚)と千円銀貨=5日午後、大阪市の造幣局

 9月開幕のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会を記念した1万円金貨と千円銀貨の打ち初め式が5日、大阪市の造幣局で開催され、大会アンバサダーで元日本代表の大畑大介さん(43)らが参加した。

 硬貨には特殊な発色加工が施され、模様として描かれた桜の花やラグビーボールが虹色に光って見える。

 この日、製造開始のボタンを押して硬貨が打ち出される様子を見た大畑さんは「素晴らしいデザイン。硬貨を申し込んで、秋のW杯を楽しんでほしい」と話した。

 通信販売の申し込みは15日から約3週間、はがきか造幣局オンラインショップで受け付ける予定。