日本水産、サバ缶11品目値上げ

7~10%、漁獲量減で

©一般社団法人共同通信社

日本水産の「ニッスイ スルッとふたSABAさば水煮」

 日本水産は5日、サバの缶詰11品目を4月1日出荷分から値上げすると発表した。卸売業者への出荷価格を7~10%引き上げる。漁獲量の減少やサバ缶の需要増などを理由としている。

 主な商品では「ニッスイ スルッとふたSABAさば水煮」が10%の値上げとなる。出荷価格で十数円程度の値上げとなるものが最も多いという。

 食品業界では3月以降、原材料や物流費などの上昇を受けた値上げが本格化。サバ缶では、マルハニチロが今月から値上げを始めている。