母乳代替表示、液体ミルク初許可

消費者庁、グリコと明治に

©一般社団法人共同通信社

乳児用液体ミルクの試作品を専用のストローで哺乳瓶に移す江崎グリコの開発担当者=2018年11月、東京都港区

 江崎グリコと明治は5日、自社が製造する液体ミルクについて、消費者庁から「乳児用」「母乳の代替食品として使用できる」と表示して販売する許可を受けたと発表した。グリコは同日午後、国内メーカーとして初めて、自社のインターネットのサイトで販売を開始、11日から全国の店頭で販売する。明治は13日に商品を発表する。消費者庁の許可は健康増進法に基づくもので、液体ミルクに「乳児用」などの表示を認めるのは初めて。

 常温でも長期保存が可能で、東日本大震災や熊本地震、昨年9月に発生した北海道の地震でも海外製品が救援物資として送られた実績がある。