小児脳腫瘍iPS細胞で再現

東京大、治療標的発見

©一般社団法人共同通信社

 治療が難しいタイプの子どもの脳腫瘍を人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って再現し、治すために狙い撃ちするべき遺伝子を特定したと、東京大の山田泰広教授(腫瘍病理学)らが5日付の米科学誌セルリポーツに発表した。新薬の開発につながる可能性があるという。

 今回の対象は、2歳以下の患者が多い「非定型奇形腫様ラブドイド腫瘍」という頭の中にできるがん。ほとんどの患者でSMARCB1という遺伝子が機能を失っているという特徴がある。