「三六協定」、労使で適切締結を

連合、残業上限規制前にPR

©一般社団法人共同通信社

「36(サブロク)の日」の記念イベントで三六協定をPRする(左から)キンタローさん、連合の神津里季生会長、岡田圭右さん=6日午前、東京都内

 3月6日は「36(サブロク)の日」―。働き方改革の一環で時間外労働(残業)の上限規制が4月に大手企業から適用となるのを前に、連合は6日、残業をする際に労使が締結する「三六協定」の大切さを知ってもらおうとキャンペーンを実施した。「それぞれの事業所できちんと締結されているか注意喚起してほしい」と呼び掛けた。

 労働基準法は労働時間の上限を原則「1日8時間、週40時間」と定め、それを超えて働く場合(残業)は同法36条に基づき、あらかじめ労使で対象者や上限時間を定めた協定を結び労働基準監督署に届けなければならない。