非核化せねば制裁強化と北に警告

ボルトン米補佐官

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は5日、北朝鮮が非核化しないのなら「経済制裁の緩和はないし、われわれは制裁強化を検討するだろう」と警告した。FOXビジネステレビのインタビューで語った。

 ボルトン氏は「北朝鮮は過去の米政権と同様、われわれが部分的な(非核化の)取引を受け入れる代わりに、大きな制裁緩和を得られると考え」て、2回目の米朝首脳会談に臨んだと強調した。

 今後について「ボールは北朝鮮側にある。北朝鮮経済には明るい未来があり、これを生かしたいのであれば、トランプ大統領にはまた会談する用意がある」と述べた。