嵐・大野智、岡田准一の代わりにV6に加入していた可能性があった

©株式会社ドットレンド

2月7日のフジ系「VS嵐」にて嵐の大野智が、V6岡田准一とのエピソードを明かした。

人生の転機について語った大野。

ジャニーズJr.時代について大野は「Jr.の時に、岡田が横に座ってたのよ。ジャニーさんから『YOU、バレーボール出来る?』って最初に言われたの」と切り出す。

大野と岡田が並んでいる状況でジャニー社長に『バレーボールが出来るか?』と聞かれ、「経験もないし、“バレーボールの何かをやらされるんだ”と思って、『出来ない』と言った」という大野である。

するとお鉢が回ってきたのが岡田であり、「(ジャニー社長が)隣にいた岡田に『YOUは?』って言ったら、『俺、出来る』って言って。『じゃあ、V6』」となったのだそうだ。

この時の大野の返事次第ではV6としてデビューした可能性もあったが、大野は「“良かった。バレーボールの何かをやらされなくて済んだ”って。当時は踊りたかったから」と胸中を明かした。