食生活で改善できる!?元CAも取り入れている辛い花粉症を少しでも軽くする食事の工夫

©株式会社シーエーメディアエージェンシー

花粉を体内に入れない工夫は食事から

気持ちの良い春がすぐそこに来ていますが、花粉症の人には本当に辛い季節。

外出時はマスク、メガネをして、花粉を少しでも体内に入れないようにすることが一番の予防法と言えます。

鼻の粘膜の状態を良くするために、悪化の原因になるストレスや睡眠不足、アルコールの飲みすぎなどを抑えることも効果的とされています。

そして、免疫力を高めるためには、何よりもバランスの良い食事が大切。

生活リズムや食生活の乱れから栄養が偏ると、自律神経のバランスが崩れ、免疫機能が低下し、花粉症の症状がひどくなることがあるので注意が必要です。

そこで、花粉症の症状を抑えるのに有効と言われている、免疫力を高めるお食事についてお話します。

 

高たんぱくを心がけ、高脂質、高カロリーは避ける

青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸のEPAやDHAは、アレルギー症状を抑える働きがあることも知られています。

脂肪の多い食事を避け、赤身のお肉やささみ、お魚を適量食べましょう。

 

野菜たっぷりの食事でビタミン、ミネラルをしっかり摂取

野菜は神経を刺激するヒスタミンなどの発生を抑える働きのほか、ビタミンCやβカロテンを多く含み、抗酸化作用や免疫力を高める働きがあると言われています。

彩り良く、できれば栄養豊富な季節の旬な野菜をしっかりたくさん食べましょう。

春は菜の花やキャベツ、ブロッコリーなどがおすすめです。

 

アルコール、香辛料は控えめに

アルコール、香辛料は粘膜の毛細血管を刺激するため、鼻水や鼻の痒みが酷くなることも。

できるだけ控えましょう。

 

 

免疫力を高めるために食事に取り入れたい9種類の食品

花粉症の症状改善効果を期待するために具体的にどんな食品を取り入れるのが良いのか、ここでは免疫力を高めるために積極的に食事に取り入れたい9種類の食品をご紹介します。

1 お茶緑茶や紅茶など、渋み成分のカテキンは抗アレルギー作用があり、 ヒスタミンの発生を抑止して皮膚や粘膜を保護してくれます。

2 魚イワシやアジなど背の青い魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)の不飽和脂肪酸は、炎症・かゆみ抑制作用があります。

3 海藻昆布やわかめには食物繊維がたっぷり含まれているので、腸内環境を整えるのにも良いですし、アルギン酸は血中コレステロールを下げる働きもあります。

4 納豆納豆のねばねばに含まれるレバンには、アレルギー抑制効果があり、花粉症だけでなく喘息やアトピーにも効くと言われています。ワサビやカラシを入れると抗菌作用がアップします。

5 酢酢に含まれるクエン酸などは、体内に入った花粉を吸収して排出するキレート効果があります。

6 きのこきのこに含まれるβグルカンは、腸内の掃除をしてくれる食物繊維です。より効果を発揮する空腹時に摂取するのがオススメです。

7 野菜緑黄色野菜に含まれるβカロチンが肌や鼻の粘膜を保護し、身体の内側から花粉をブロックする作用を期待できます。

8 ねぎねぎやにんにく、玉ねぎなどに含まれるアリシンには血行を促進し、腸の調子を整え、細胞の衰えを防止する作用があるそうです。花粉症の原因のひとつと言われる、血行不良や冷え性腸内環境を整えられますね。

9 ヨーグルトヨーグルトに含まれる乳酸菌には腸内の免疫機能を正常に保つ働きがありますが、それによって花粉などによる外的刺激に過剰反応せず、バランスを保つことができるとされています。

 

 

食生活による花粉症の改善はすぐに効果が出ないかもしれません。

だからこそ、毎年の辛い症状が少しでも緩和されるよう、一年を通して体に取り入れるものでコントロールできたら良いですね。

対処療法も大切ですが、長い目で見て食生活の改善もぜひ心がけてみましょう。