チケット即完のクラシック・イベント=Yellow Lounge、日本開催第2弾「Yellow Lounge Tokyo 2019」がYouTubeにて生配信決定

©ユニバーサル ミュージック合同会社

世界最古のクラシック・レーベル=ドイツ・グラモフォンが、“一流の音楽を気軽に楽しむ”というテーマのもと、コンサート・ホールを抜け出してクラブをはじめとした様々な会場で実施している新コンセプトのイベント=Yellow Loungeの日本で第2弾の開催となる「Yellow Lounge Tokyo 2019」のライヴ・ストリーミングが決定した。

2019年3月12日(火)に開催される「Yellow Lounge Tokyo 2019」の会場となるのは、前回と同様【森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス】に展示されている作品「人々のための岩に憑依する滝」。

昨年9月に本格上陸し、チケット販売開始からわずか9分で完売し入手困難となったイベントの第2弾ということで、今回もチケットを購入できなかった人も多いと思われる「Yellow Lounge Tokyo 2019」。この模様が急遽ライヴ・ストリーミングされることが決定した。ドイツ・グラモフォンのオフィシャルYouTubeチャンネルで当日の演奏が放送される予定となっている。

イベントの出演者で、今回の来日が2回目となるオランダ人コンポーザー・ピアニストのユップ・ベヴィンは「世界中の全てのクリエイターが注目するteamLabの作品空間でパフォーマンスすることを本当に楽しみにしています。アートと音楽の素晴らしい融合は間違いなく強い印象を残すことでしょう」と意気込みを語った。さらに、現代で最も独創的かつ訴求力のあるヴァイオリン奏者のマリ・サムエルセン、スペシャル・ゲストとして人気ギタリストの村治佳織、伊藤ゴローなど、最高レベルの演奏を楽しむチャンスとなっている。