<野田小4女児死亡>傷害致死、ほう助罪で両親起訴 千葉地検

©株式会社千葉日報社

 野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴槽で死亡し、両親が逮捕された事件で、千葉地検は6日、心愛さんに食事を与えず暴行し、飢餓状態にさせるなどして死亡させたとして傷害致死と傷害の罪で父親の勇一郎容疑者(41)を、夫を制止しなかったとして傷害ほう助罪で母親のなぎさ容疑者(32)を起訴した。2人の認否を明らかにしていない。

 起訴状などによると、1月22日午後10時ごろから同24日午後9時50分ごろまでの間、勇一郎被告は自宅で心愛さんに食事を与えず、立たせ続けたり、肌着の状態で浴室に放置して十分な睡眠を取らせなかったりした上、心愛さんにシャワーで冷水を掛けるなどしたとしている。なぎさ被告は勇一郎被告を制止せず、指示を受けて食事を与えなかったとされる。

 また、勇一郎被告は同日午後9時50分ごろ、寝室に入ろうとした心愛さんに「なんでいるの。駄目だから。ちょっと来い」と言って浴室に連れて行き、顔に冷水シャワーを浴びせ続けるなどして衰弱させ、一連の行為で飢餓状態にさせ強いストレスを与えるなどして、同11時すぎに死亡させたとしている。

 勇一郎被告は昨年12月30日ごろから今年1月3日ごろまでの間にも、自宅で心愛さんを引きずり、心愛さんの両手をつかんで引っ張り上げて床に落とし、顔や胸を圧迫するなどして胸骨骨折のけがを負わせたとされる。