ヤクルト村上、西田の連続タイムリーで勝ち越し オリは山田が痛打浴びる

©株式会社Creative2

同点の8回に村上、西田の連続適時打で勝ち越し

■ヤクルト 5-4 オリックス(オープン戦・6日・京セラドーム)

 ヤクルトは6日、京セラドームで行われたオリックスとのオープン戦を5-4で勝利した。同点の8回に村上、西田の連続タイムリーで2点を勝ち越した。

 先制したのはヤクルト。初回に坂口が四球、青木の中前打などで1死一、二塁のチャンスを作ると相手バッテリーのエラーが絡み1点を先制。さらに3回には1死三塁から青木の中前適時打で2点目を加えた。

 オリックスはその裏。無死三塁から福田の右前適時打、吉田正の中犠飛で同点に。6回には無死二塁からマレーロが左中間へタイムリー二塁打を放ち勝ち越しに成功した。それでも7回。ヤクルトは1死一塁から荒木が左翼へタイムリー三塁打を放ち同点に追いつく。

 ヤクルトは同点の8回。この回からマウンドに上がった山田を攻め、2死二塁から村上が中越え適時二塁打、さらに続く西田が左翼線へタイムリー二塁打を放ち2点を勝ち越し。9回は田川が1点を失ったものの逃げ切った。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)