オリ松葉、5回3安打2失点で開幕ローテ争い残った! 「自信を持ってやれている」

©株式会社Creative2

オリックス・松葉貴大【写真:荒川祐史】

味方のエラーもあり5回2失点も自責0、開幕ローテ争いに残る

■ヤクルト 5-4 オリックス(オープン戦・6日・京セラドーム)

 オリックスの松葉貴大投手が粘りの投球で開幕ローテ入りへアピール。6日、京セラドームで行われたヤクルトとのオープン戦で5回3安打2失点(自責0)とまずまずの投球を見せた。

 初回にいきなり失点する場面もあったが粘りの投球を見せた左腕は「全体的には自分のボールを投げられた。先発を争っている若い投手に負けたくない。キャンプから自信を持ってやれている」と口にした。

 初回に坂口に四球、青木に中前打を浴びるなど1死一、二塁のピンチを招くとバレンティンの打撃でバッテリーエラーが絡み先制点を献上。

 それでも2回は3者凡退、3回は先頭の塩見が放ったゴロを三塁・頓宮が一塁へ悪送球し出塁を許し、その後1死三塁から青木に中前適時打を浴び2点目を奪われた。最終イニングとなった5回は1死から塩見に四球を与えたが自らの牽制球でアウトに仕留めた。

 先発ローテは山岡、ディクソン、山本、アルバースの4枚が濃厚。西村監督は「次もチャンスはある。残っている枠を勝ち取ってくれれば」と期待。残りの2枚を榊原、東明、小林らと争うことになるが「この状態をキープしつつ、心の余裕をもって投げられれば。プロで7年目になる負けたくない」と力を込めた。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)