救急車を呼んだのに、消防車が来た!? PA連携をご存知ですか?

茨城県鹿嶋市

©株式会社パブリカ

PA連携とは、消防車(Pumper)と救急車(Ambulance)が同時に出場することで、ふたつの頭文字から「PA」と名付けられたものです。

下記のような、救急隊員のみでは対応が困難な事態に備えるため、要請の内容から必要と認められる場合には、救急車に加えてポンプ車などの消防車を同時に出動させ、救急隊と消防隊が連携して救急活動を行います。

消防車にもAEDや応急処置器材が積載され、救急隊員と同じ資格を持った消防隊員が乗っていますのでご安心ください。

○消防車がPA連携で出動する場合
・傷病者が重症であり、救急隊員(3人)のみで対応が困難なとき。

・救急車まで傷病者を搬送困難なとき(階段・狭い廊下など)。

・交通量の多い場所など、傷病者や救急隊員の安全を確保する必要があるとき。

・近くの救急車が出動中で、救急隊の到着が遅れると判断されるとき。

・レスキュー隊の活動を伴うとき。

・ヘリコプターを運用するとき。

・その他、救急隊の活動を支援する必要があると判断したとき。

■「PA連携」のとき消防車のサイレン音は「ウ~・ウ~」で、「火災」のとき消防車のサイレン音は「ウ~・カンカンカン」です。