『日本の麦酒歴史(ビールヒストリー)』上映と、名人・重富氏が注ぐビールが飲めるイベント開催!3月14日広島「マリホフードホール by るるぶキッチン」にて

©一般社団法人日本ビアジャーナリスト協会

旅行雑誌『るるぶ』編集者が旅して見つけたとっておきの“おいしい”をお届けする「マリホフードホール by るるぶキッチン」にて、ドキュメンタリー映画『日本の麦酒歴史(ビールヒストリー)』が3月14日に上映されることが発表された。

映画の製作者である重富氏による日本のビールサーバーの原点「スイングカラン」で注いだ生ビールを味わえるイベントも同時開催される。

びあけん顧問・端田晶氏による『ぷはっとうまい日本のビール面白ヒストリー』(小学館)を元に、ビール注ぎの名人「ビールスタンド重富」の重富寛氏が現地を旅し、開拓使麦酒の黎明期を取材している。

なぜ明治初期に、北海道でビールが造られるようになったのか?
・・・北海道を興さねば、北方はロシアのものになってしまう。

明治の日本を守るため、立ち上がった三人の若者たち。
現在のサッポロビールへとつながる「開拓使麦酒醸造所」の始まりであった。

北海道開拓の歴史を見守ってきた赤レンガの開拓使館

映画の案内人を務める重富寛氏は、広島市中区にある「ビールスタンド重富」の代表で、ビール注ぎの名人だ。
名人の注ぐうまいビールを求めて県外からも多くの人が押し寄せる。

重富氏が操るスイングカランは日本のビールサーバーの原点だ。
仕組みは単純で”注ぐ”と”止める”の機能のみ。
しかしそのシンプルさ故、同一銘柄であっても注ぎ方によってビールの味が変わるという。

名人が注ぐとビールはどのような味なのだろうか?
日本の麦酒の始まりを探るドキュメント映画と共に、特別な一杯を味わいたい。

【イベント概要】
開催日時:2019 年 3 月 14 日(木)18:00~21:00 (映画の上映は 19:00~20:00)
会場:マリホフードホール by るるぶキッチン
料金:2,500 円(税込)☆先着100名様限定/チケット販売による完全予約制
内容:①『日本の麦酒歴史(ビールヒストリー)』映画鑑賞 ②重富氏提供による生ビール 1 杯 ③マリホフードホール by るるぶキッチンが再現した日本初ビアホールのおつまみプレート ④別途追加料金にて当日限定メニュー及びドリンクもご注文いただけます
チケット販売場所:①マリホフードホールbyるるぶキッチン ②ビールスタンド重富(広島市中区銀山町10-12)
お問い合わせ:マリホフードホールbyるるぶキッチン
WEB:https://mariho-foodhall.com/news/news-267

【マリホフードホール by るるぶキッチン】
住所:広島市西区観音新町4-14
営業時間:平日 11:00~15:00 17:00~22:00(L.O. 21:00)
土日祝 11:00~22:00(L.O. 21:00)
公共交通機関でのアクセス:
広島駅からのアクセス 広電バス3号線に乗車、約40分。
横川駅からのアクセス 広電バス8号線に乗車、約30分。(※日祝は全便運休します)
新井口駅からのアクセス 商工センター入口(バス)より広島バス50号線に乗車、観音新町1丁目下車、広電バス3号線に乗換え(約45分)
WEB:https://mariho-foodhall.com/