三田市で小学生が車にはねられ軽傷

ひき逃げ事件で捜査

©株式会社 サンテレビジョン

3月6日午後、兵庫県三田市で下校中の小学生2人が車にはねられ、軽傷を負いました。
車はそのまま逃走していて警察がひき逃げ事件として捜査しています。

3月6日午後3時半ごろ三田市志手原の交差点で北から南に横断歩道を渡っていた下校途中の小学3年生の男子児童2人が、右折してきた乗用車にはねられました。

警察によりますと、児童らはかすり傷や打撲を負いましたが、そのまま帰宅。
事情を聴いた母親が交番に行き、事件が発覚したということです。

逃げた車は小型で茶色のワンボックスカーとみられ、一度止まったものの西に逃走していて、警察は逃げた車の行方を追っています。