アインシュタインの書類公開

イスラエルの大学、多くが初

©一般社団法人共同通信社

6日、イスラエルのヘブライ大で新たに公開されたアインシュタインの書類(UPI=共同)

 【エルサレム共同】イスラエルのヘブライ大は6日、米シカゴの財団法人から寄贈された物理学者アインシュタインの手書きの書類など110ページの展示を始めたと発表した。多くは初公開で「アインシュタインの考え方や働き方」が反映された貴重なコレクションとしている。

 ロイター通信などによると、書類の大部分は1944~48年のもので、数学の計算が書かれたノートや友人宛ての手紙などが含まれる。ヘブライ大教授は「アインシュタインは何か新しい考えを思いついた時、すぐに座って走り書きをし、結論を求めていた」ことが分かるとの見方を示した。

アインシュタイン(AP=共同)