小学生2人ひき逃げ疑い 出頭した69歳の無職の女を逮捕

©株式会社 サンテレビジョン

6日午後、三田市で下校中の小学生2人が車にはねられ軽傷を負いました。

警察は救護せずに逃走したとして、出頭してきた69歳の無職の女を逮捕しました。過失運転致傷とひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、三田市に住む69歳の無職の女です。

警察によりますと、女は6日午後3時半すぎ、三田市志手原の交差点を普通乗用車で右折する際、横断歩道を渡っていた下校途中の小学3年生の男子児童2人をはねて救護することなくそのまま逃走した疑いが持たれています。

児童は1人が太ももとあごを打撲し、もう1人が足首を打撲するなどしましたがそのまま帰宅。 目撃していた他の児童が母親に話して、警察に届け出たということです。

その後、夜になって女は夫に付き沿われて出頭。女は当時、買い物に向かう途中で、調べに対し、「事故を起こしたことと、逃げたことは間違いない」と容疑を認めているということです。 警察は詳しい状況を調べています。