幸せ度が上がる...!? 今SNSで話題のフレーバーコーヒー、見つけた!

©株式会社ジェイ・キャスト

ハワイをはじめアメリカでは一般的な「フレーバーコーヒー」。いわゆる「香り」を加えたコーヒーのことで、代表的なものとしてはヘーゼルナッツ、バニラ、キャラメル風味のコーヒーが挙げられます。

日本では2018年ごろからじわじわと人気が出ていますが、まだ飲んだことがないという人も多いはず。そこで、SNSでの人気が高い2商品をご紹介。いずれもカルディコーヒーファームで購入できます。

味はブラック、香りは甘い

まず紹介するのは、アメリカの老舗ブランド「ライオンコーヒー」です。ハワイ土産としても定番のコーヒーで、パッケージのライオンのイラストに見覚えがある人もいるかもしれません。

バニラマカダミア」「バニラキャラメル」「トーステッドココナッツ」「プレミアムチョコマカダミア」といったフレーバーがあります。価格は198グラムで1393円8グラム(1杯分)で120円です。

SNSでは味はブラックなのに、香りは甘いという不思議な感覚が好評を得ています。

カロリー気にせずデザート感覚で飲める

(画像はカルディ公式サイトより)

2つ目は、インドネシア産のコーヒー豆を使用した「プライベートクラブ」です。種類は「ヘーゼルナッツフレーバー」「キャラメル」「フレンチバニラ」「オレンジ」があり、いずれも50グラムで429円です。

SNSではワンコイン以内という安さが喜ばれています。

フレーバーコーヒーはカルディの店舗や公式オンラインショップのほか、ロフトやアマゾンなどでも購入できます。興味のある人は、店舗や通販で探してみて。