立民、法制局長官の辞任要求

野党質問批判で

©一般社団法人共同通信社

 立憲民主党の辻元清美国対委員長は7日の党会合で、参院予算委員会で野党議員の質問姿勢を批判した横畠裕介内閣法制局長官の辞任を要求した。「法の番人が安倍政権の門番に成り下がった。長官の任にあらずだ」と述べた。

 国民民主党の原口一博国対委員長は記者会見で「安倍晋三首相のみならず、取り巻きの役所まで長期政権のおごりが表れている」と不快感を示した。同時に「与野党を超え、立法府として厳しい処分を議論すべきだ」と述べた。

 横畠氏が安全保障関連法の国会審議に絡み、憲法が集団的自衛権の行使を直接禁じていないと答弁した点も踏まえ「憲法解釈の時点で失格だ」とも語った。