KYB社長が引責辞任へ

データ改ざん問題

©一般社団法人共同通信社

KYB社長に就任する大野雅生氏

 油圧機器メーカーのKYBは7日、中島康輔社長が免震・制振装置の検査データ改ざん問題の責任を取り3月31日付で辞任すると発表した。兼務している代表取締役会長は続ける。社長には4月1日付で大野雅生副社長が就く。

 KYBは昨年10月、装置の性能が国や顧客の基準に収まるようデータを書き換えていたと発表した。今年2月に発表した調査結果は、不正は工場責任者らも認識していた組織的なものだったと指摘した。