マラソンは7時で変更せず

東京パラ、競技開始時刻で

©一般社団法人共同通信社

IPCのクレイグ・スペンス広報部長(左)と記者会見する、大会組織委の武藤敏郎事務総長(中央)=7日午後、東京都港区

 2020年東京パラリンピックの準備状況を確認する国際パラリンピック委員会(IPC)と大会組織委員会の第7回事務折衝は7日、東京都内で2日間の協議を終え、暑さ対策として五輪で午前6時開始に変更となる見通しのマラソンについて、パラリンピックでは午前7時の開始で変更しない方針を確認した。

 マラソンは大会最終日の9月6日に実施予定。IPCのクレイグ・スペンス広報部長は「暑さも念頭に置いているが、五輪の4週間後。7時が適切だと思っている」と説明した。前日まで行われる陸上のトラック種目と兼ねて出場する選手が多くいることも想定した。